等々力産婦人科サイト TOPへ
スタッフ募集
等々力産婦人科サイト TOPへ
  
スタッフ募集
等々力通信
妊娠トラブル おりもの

多くは妊娠によるホルモンの影響で問題はありません。ただし、時に感染や破水を起こしていることがあるので注意が必要です。

かゆみを伴い、ヨーグルトや酒粕のようなおりものがあるときはカンジダ腟炎を疑います。軟膏や腟錠を使用することで改善しますが、真菌(カビ)の一種なので繰り返すことがあります。赤ちゃんに菌が移行することがあるのでお産前には治しておきたい腟炎です。

クラミジアの感染によってもおりものが増えることがあります。妊娠中期にクラミジアの検査を行うので、感染が確認された時点で抗生物質を内服して治療します。流産や早産の原因になったり、感染のある状態でお産になると産道感染をおこして赤ちゃんに結膜炎や肺炎を起こすことがあります。

水っぽいおりものがさらさらと流れるように出てくるときには破水を疑います。病院で簡単に破水の検査は出来るので調べてもらいましょう。破水の検査が陰性であれば、尿漏れや入浴後の腟内にたまった水の流出が考えられます。

破水の状態で放置すると子宮内に感染を起こしてしまうので、抗生剤投与を行いお産に備えます。早産の時期の破水は周産期センターでの管理が必要になるので早めに診断を受けましょう。

等々力産婦人科

鈴木啓太郎

カテゴリー: 妊娠トラブル 2015.12.03
    アーカイブ